読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ugeoさんと行く内房線の旅(1)

bgm2007-05-23

というわけで今回はUgeoさんと内房線に乗って色々発見しに行く旅の話です.…といっても千葉にある鉄腕24というゲームセンターに未だにメタルホークが結構な状態で置いてあるというので遊びに行くと言うだけの旅だったりします.待ち合わせは今回私の宿がある津田沼駅です.昔読んだ幕張サボテンキャンパス津田沼君(酒に弱い)を思い出しますハイ.ホームで鉄子の旅6巻を読みながら通過する成田エクスプレス(ロゴがかっこいい)を眺めつつUgeoさんを待っておりますと無事に登場.なんでもお住まいから軽く一時間以上かかるらしいです千葉って結構遠いですね!


そんなこんなで千葉駅まで総武線に乗り,いよいよ内房線の旅のスタートです!車両は国鉄113系電車です超クール!久々に手動で窓が開く車両だったのでうれしさの余り発車前から窓を開けてホームを眺めていました(冷房が効いてきたのですぐに閉めましたが…).さて目的地の浜野までは10キロほどの旅ですが天気も良く最高でした.着いた浜野はまさに郊外!といった風情で駅前の道の狭さや店の無さっぷりがもう最高.果たして鉄腕24は本当にこの町にあるのかしら,とごく普通の住宅地の中をUgeoさんと2人で歩きます.本当に天気が良くてまるでお盆に親戚の家にお参りに行くかのような感覚!

そして突然目指す鉄腕24は現れました.1階がオートバックスのようなカー用品&整備場みたいな感じで2階にゲームコーナーがあるわけです.果たして内房線に乗ってメタルホークを遊ぶためだけに九州から来るような人間は私の他にあと3人くらいしかいないんじゃないかしら,と思いつつ2階に向かいました.店内は結構な広さでゲームコーナーとダーツ場やら卓球場やらバッティングコーナーやらがどかどかと置いてあります.一生懸命メタルホークを探しますと果たして店の奥まったところにメタルホークはあったのでした.

さっそくコイン投入しますと懐かしいBGMとともに勝利ポイント!タイム!とお姉さんの勇ましいお声が!そしてぼくの操縦するメタルホークが十数年ぶりに発進したのでした.1回目は数面進んだだけで死亡(残機・難易度共にかなりゆるめです)して私はUgeoさんにはにかんだのでした.その後Ugeoさんのプレイを見学.ヘリや戦車の特徴的な動きや効果的なターゲット攻略を教えていただきましたが如何に普段の自分のプレイが適当かがよく分かるわけです.でも昔一度も勝てなかった大型機を倒せたので満足!でした.それにしても未だにここまで普通に遊べるメタルホークは全国に何台あるのかしらと思うと心の中で筐体に合掌してしまうのでした.

大形筐体がゲーセンの花形だった時代もずいぶん遠くなりましたが,いつの日かまたバブルな乗り物でゲーセンが溢れかえることを祈りつつ鉄腕24をあとにするのでした.パワードリフトやりたいなあ.


つづく!

(おまけ)初めてむちむちポークを遊んだのですが鋳薔薇より簡単でした.…単にランクが低かっただけかもしれませんが!あとボンバーの出し方がわかりません.